忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 10:09 】 |
[2005/07/20] 燦~san~
01 斑雲


詞:一志 曲:Kagrra, 編曲:Kagrra,

現世は闇に迷いて 幽世は霧が晴れる


02 幻影の貌~燦remix~


詞:一志 曲:Kagrra,

消え逝く意識は緩やかに
眩い光に導かれて
天(そら)をヨぶ

叶わぬ願いを抱きつつ
遠退く背中見護る

唯 時は廻る
懐かしさも滲んで
この心までも細やかに煌めく

触れられるもどかしさに
苛まれ今を知る

悲しい運命(さだめ)に囚われて
悼(いた)みにこの躯(み)を蝕まれて

忘れかけてた 錆びれた契り
想いと伴に添えて

唯 時は廻る 懐かしさも滲んで
この心までも細やかに煌めく
触れられぬもどかしさに
苛まれ今を憶(おも)え

届かない輝きさえ
愛しさに貌(か)わればいいと…


03 卡


詞:一志 曲:Kagrra, 編曲:Kagrra

燻る 蜃気楼 闇夜に 谺する
聲は 暈なって 哀しみを 戒める

昊に抱かれて 揺らめいて 繙かれてく
二つの運命縺れ逝く 溶けないままに

蒼く 迸る 焔を 抱くように
消えた 影の中 言霊は 響き合う

昊に抱かれて 揺らめいて 繙かれてく
二つの運命縺れ逝く 解けないままに

土気色の その顔にそっと 吐息を吹きかけ

昊に抱かれて 揺らめいて 繙かれてく
二つの運命縺れ逝く 解けないままに
木の葉に埋もれた貴女の 姿をなぞり

二つの運命綻びて 再び繋ぐ


04 鬼を憐れむ謳


詞:一志 曲:Kagrra, 編曲:Kagrra,

饐えた 臭いが 漂い来る 闇の中
響く 跫 迫る気配 震えて

光は今に音を立てて 崩れ落ちる
力を持たぬこの私は黄泉路を逝く

支配者はこの体に燃え滾る怒り植付け
貴方に捧げましょう意味の無い声を貴方に

舌を 這わせて 荒く吼えて 気が触れ

形は今に腔を裂いて 舞乱れる
力を持たぬこの私は黄泉路を逝く

支配者はこの体に燃え滾る怒り植付け
貴方に捧げましょう意味の無い聲を貴方に

揺らめく時さえ我身の哀れみに委ねられて逝くのか

支配者はこの体を絶え間なく甚振り続けて
貴方に貴方に意味の無い聲を貴方に


 
05 皐月


詞:一志 曲:Kagrra, 編曲:Kagrra,

雫滴る 硝子の向こうは
嗚呼 遥か遠く 瞳に映らない
嗚呼 震えている 記憶にもたれて

声は唯届かずに その手を擦り抜けて行く
涙はまだ零れずに あなたを想うだけ

霞む夕日に壊れたあの日の欠片

声は唯届かずに その手を擦り抜けて行く
涙はまだ零れずに あなたを捜してる

嗚呼 遥か遠く 私の心が
嗚呼 震えている 心が哭いている

声は唯届かずに その手を擦り抜けて行く
涙はまだ零れずに あなたを捜してる

声は唯届かずに...
涙はまだ零れずに


06 孑孓


詞:一志 曲:Kagrra, 編曲:Kagrra,

彩の無い世界に影は滲んで
この手伸ばして弄る
仕草に惚ける

輝き求めて思案廻らす
真詮無い事と知りつ
無駄な足掻きよ

声は途絶えて痛みは絶え間なく
心蝕み続けて 永劫に

幾許の孑? が皮膚を貫き
渇く喉元を浮遊する 触手震わせて

孤独は潰えずに時を遮る
粗い縄にこの頸委ね
昊に羽撃く

声は途絶えて痛みは絶え間なく
心蝕み続けて 永劫に


07 憶~燦remix~


詞:一志 曲:Kagrra, 編曲:Kagrra,

儚く舞い散る憶い

哀しみに心を窶して 彷徨ったこの軌跡は
泥濘に囚われた過去の 傷痕を克明に描く
雫滴る闇のなか

月へと還る今日の記憶さえ 風も届かぬ程薄れ逝け

華やいだ者に憧れて 夢と云う呪縛に繋がれ
只管 駆けて来たけれど 疲れ果て眠りに臥したい
混沌とした暗闇に抱かれ

月へと還る今日の記憶さえ 風も届かぬ程薄れ逝け

儚く舞い散る憶い

痛みも苦しみも忘れて 色も時間さえも無くして

月へと還る今日の記憶さえ 風も届かぬ程薄れ逝け
刹なさは こだまする


08 廻


詞:一志 曲:Kagrra, 編曲:Kagrra,

華舞うこの世に枯れ逝く我身よ
何処へ仕舞いし幾多の記憶よ
心の悼みを包んでくれ

飾りし現世に
想いを駆け巡らせて
優しき言の葉は今
届かずに最果ての地へと

嗚呼 風は凪いで夜を従え
吹いて行く 何もかもを哀しげに諭すだろう

華舞うこの世に枯れ逝く我身よ
何処へ仕舞いし幾多の記憶よ
華舞うこの世に枯れ逝く我身よ
何処へ逝くのか何処へ

意識は終わりを求め
永久を彷徨えし者に

嗚呼 時は何故にこの念いを
変えて逝く 何もかもが彩りの無い無限に
嗚呼 風は凪いで夜を従え 吹いて行く
何もかもを包む様に 何もかもを愛でる様に諭すだろう

華舞うこの世に枯れ逝く我身よ
何処へ仕舞いし幾多の記憶
華舞うこの世に枯れ逝く我身よ
何処へ逝くのか何処へ


09 誘いの樹海


詞:一志 曲:Kagrra, 編曲:Kagrra,

あの日の声聴こえない 哀しみだけ残すから
渇いた風包むように 私は唯揺られて
陽射しがまた眼を刺して 想い出だけ浮かばせて
どこかに仕舞い忘れた 空白の時間を埋め

言葉探す 貴方が 待ちわびる言葉を

叶わぬこの思い抱いて 遥か彼方まで
願いよ届いて欲しいと 瞳閉じて待つの

枯れ葉の舞うこの季節 前より空が遠くて
懐かしさと手を繋ぎ 誰も居ない森へ向かうの

叶わぬこの思い抱いて 遥か彼方まで
願いよ届いて欲しいと 瞳閉じて待つの

言えない言葉探す 貴方が 待ちわびる言葉を

叶わぬこの思い抱いて 遥か彼方まで
願いよ届いて欲しいと 瞳閉じて待つ
時間を取り戻せるなら 今と違う道
選んで歩いて行こうと 一人森へ向かう


10 秘灮


詞:一志 曲:Kagrra, 編曲:Kagrra,

密かに紡いだ 言葉を交わす 微かな帷に
湿った 闇は墜つ

夜空は渇いて 果てない影を 一つに纏めて
谺す 淫らは

嗚呼 蕩けて 嗚呼 蠢くの

消えて無くなるまで今は互いを呑み尽くして
一夜契りし時全て刹那は永久となって

嗚呼 萎れた 嗚呼 華の蕾に

露は 滴り 嗚呼 輝くの

消えて無くなるまで今は互いを呑み尽くして
一夜契りし時全て刹那は永久となって
まるで不死鳥の如くに燃えて塵に埋もれ乍ら
それでも夢は醒めないで未来を握り締めて


11 沙羅双樹の子護唄~燦remix~


詞:一志 曲:Kagrra,

そう時に阻まれ流れ流れて
朽ら果てて迎えた終焉も

命を握る運命でさえも
心を変えられない

穏やかに舞う粉雪よまだ
私の記憶溶かさないで

風に運ばれた春の彩りが
私を包み込むの母の如く
懐かしい唄にゆらり揺られたら
静かに吐息浮かべ瞳を閉じるの

そう数え切れない痛みに伐たれ
不揃いな足跡刻み付け

意識は今も漂い続け
不思議と導かれる

幼い頃を抱き締め歩く
目隠しのまま神の指先を

最期の時を迎える朝に
頬を撫でるの沙羅双樹が

風に運ばれた春の彩りが
私を包み込むの母のごとく
懐かしい唄にゆらり揺られたら
静かに吐息浮かべ瞳を閉じるの

そして時は過ぎふと気付くでしょう
巡り巡り続ける楽園だと


12 在りし日の微傷


詞:一志 曲:Kagrra, 編曲:Kagrra,

哀しみは 今もまだ 心から 消えなくて

光注ぐこの 季節になると 何故か
笑顔を 浮かべてる あなたの声 思い出して

この麗らかな青空 見上げればあなたが
舞い降りて来そうで 立ち尽くす
華やいだあの頃 変わらない二人に
戻れそうな気がして ふと瞳を閉じた

夕日見つめ 唯 溜め息ついた あの日に
帰って もう一度 あなたの声 聞きたいだけ

この麗らかな青空 見上げればあなたが
舞い降りて来そうで 立ち尽くす
華やいだあの頃 変わらない二人に
戻れそうな気がして ふと瞳を閉じた

哀しみは 今もまだ 心から消えなくて

遠くであの頃の あなたが今私を呼ぶ そんな気がして

色褪せた想い出さえ 捨てられぬまま 泣いている私が居る

この麗らかな青空 見上げればあなたが
舞い降りて来そうで 立ち尽くす
華やいだあの頃 変わらない二人に
戻れそうな気がして ふと瞳を閉じた
PR
【2010/09/20 23:21 】 | 桜花寶貝培育室 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<一志の独言 | ホーム | 空家の屋根裏部屋>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>